利用規約

最終更新日: 2012年10月8日
Xhomeをご利用いただきありがとうございます。
サービスのご使用にあたり、以下の規約をご覧頂き、同意の上ご利用下さい。

Xhomeサービス利用規約

■第1章 総則

第1条(目的)
1. Xhomeサービス利用規約(以下「本規約」という)は、http://xhome.jp/(以下「弊サイト」という)を利用するユーザー(以下「利用者」という)に対して提供するサービス(以下「本サービス」)の利用に関する事項などを定めるものです。

第2条(定義)
1.利用者とは、本サービスを利用する者として、この規約を同意のうえ閲覧・利用する者を言います。
本サービスとは、弊サイトが運営・管理し、利用者に情報提供するXhomeのサイトのことを言います。
(1)「弊サイト」とは、第1条に規定のURL上で公開されるウェブサイトをいいます。
(2)「本サービス」とは、弊サイトが運営・管理する弊サイトのサービスのことをいいます。
(3)「利用者」とは、弊サイトを閲覧および利用する者のことをいいます。

第3条(規約の遵守)
1. 利用者は弊サイトの本サービスを閲覧および利用した時点で、本規約への同意したものとみなします。本規約に基づく本サービスの利用に関する弊サイトとの当事者となり、本規約に拘束されるものとし、利用者は本規約を遵守するものとします。
(1)別途、弊サイトに掲示する等により個別規定やお知らせを定め、追加規約を定めることがあります。これらは本規約と一体をなし、利用者は遵守しなければならないものとします。
(2)弊サイトは、利用者の承諾なく本規約を変更できるものとします。当該変更は、弊サイト上に掲示された時点で有効となるものとします。なお、本規約変更後に本サービスを利用した場合は、変更後の本規約に同意したものとみなします。
2. 第5条の定めに従い本規約が改定された場合、利用者は本サービスの改定後の規約を遵守するものとします。

第4条(サービス概要)
1.利用者は、本サービスの情報を閲覧し、提供のコンテンツを無償で利用することができます。
利用者がリンク先の各サイト・コンテンツ・アプリケーションサービス(以下「アプリケーション」という)を利用する場合に関しては、各サイト・コンテンツ・アプリを運用する法人または個人の利用規約に同意の上で利用するものとします。

第5条(本規約の変更)
1. 本規約は、弊サイトの都合及び判断により改定されることがあります。
2. 弊サイトの規約は、利用者の了承を事前に得ることなく変更することができるものとします。
3. 本規約の変更後の効力は、本規約が利用者が閲覧可能となった時点より生じるものとします。

■第2章 本サービス

第6条(本サービスの変更)
2. 本規約における本サービスは、次の各号に定めます。
(1) 弊サイトの管理するホームページにて提供するサービスの全て
(2) 弊サイトの提供するネットワーク内の提供するサービスの全て
(3) 弊サイトが提供するアプリケーションサービスの全て
(3) 弊サイトで掲載する情報やコンテンツの全て

第7条(本サービスの変更)
1. 弊サイトは、次の各号に該当する場合には、利用者に事前告知することなく一時的に本サービスの運営または弊サイトの一部もしくは全部を中断・停止することがあります。
(1)本サービスのシステム保守、更新、変更を定期または緊急に行う場合。
(2)火災、停電や、地震、噴火、洪水、津波などの自然天災により、本サービスの提供困難な場合。
(3)戦争、変乱、暴動、争乱、労働争議などにより本サービス提供ができなくない場合。
(3)法令および政府機関または裁判所の命令が行われた場合
(3)通信事業者およびその他の第三者に起因する障害等が発生した場合
(4)第三者による本サービスのシステム破壊や妨害行為などにより運営ができなくなった場合。
(5)その他弊サイトが本サービスの一時的な中断・停止を必要と判断した場合。
(6)弊サイトは、その運営上の必要により、利用者に事前告知することなく、本サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。
(7)弊サイトは本条に基づき本サービスが中断・停止または中止となったとしても、これに起因するユーザーまたは他の第三者が被ったいかなる不利益、損害について一切の責任を負いません。
2. 弊サイトは、利用者に事前に通知することなく、本サービスのデータの全部または一部を削除することができるものとします。
3. 前各項により発生した利用者の不利益および損害について、弊サイトは何等の責任も負わないものとします。

第8条(アプリケーション)
1. 利用者は、本サービスのアプリケーションにおいて投稿・送信・閲覧等を行う文章・画像・映像・データ等について次の各号に定める事項を遵守するものとします。
(1) ソーシャルネットワークサービス(以下SNSという)のアプリケーションにおいて、利用者が認証を承認した時点で提携元のSNSの利用規約及び弊サイトの利用規約に同意したものと見なします。
(2) 認証を要しない閲覧アプリケーションやコンテンツ等においても、弊サイト利用者は、データー提供元の規約・規定に同意したものとみなし、第三者が著作権を保有する文章・画像・動画・データー等を盗用・加工・流用その他の著作権侵害行為を利用者は行わないものとします。
2. 弊サイトは、アプリケーションについて、事前通知をせずにアプリケーションの改変・停止を行うことができるものとします。
3. 投稿アプリケーションに関連して、利用者または弊サイトが第三者より権利侵害の申告を受けた場合、利用者自らが責任を負うものとし、利用者自らの費用でこれを解決するものとします。
6. 利用者が本サービスのアプリケーションにより発生した不利益および損害について、弊サイトに故意または過失がある場合を除き、弊サイトは何等の責任を負わないものとします。
1. 本アプリケーションを利用しようとする者は、本規約に同意したうえ、弊サイトが指定する情報(以下「情報」といいます)を入力し、弊サイトの認証手続きを経て、本アプリケーションの登録をするものとします。
2. 前項に定める手続をすることなく、これを利用することを可能とするサービスがあり、弊サイトは、本アプリケーションサービスの利用開始があった時点をもって利用規約に同意したものとします。
3. 利用者の、IDおよびパスワードの使用および管理について、利用者自身が一切の責任を持つものとします。
5. 利用者IDおよびパスワードを使用し第三者が本サービスを利用した場合においても、当該利用について弊サイトの故意または重過失が認められる場合を除いて、当該本サービスの利用は利用者によってなされたものとみなし、利用者は一切の債務を負担するものとします。
6. 利用者の責に帰すべき事由の有無を問わず、当該利用者以外の第三者が当該利用者の利用者IDおよびパスワードを使用したことにより、当該利用者に不利益または損害を与えた場合についても、当該使用について弊サイトの故意または重過失が認められる場合を除いて、弊サイトは何等の責任も負わないものとします。

■第5章 運営

第9条(禁止事項)
利用者は、次の行為をしてはならないものとします。
(1)弊サイトまたは、他の利用者や第三者の財産(著作権含)に対し、信用、名誉やプライバシーまたはその他の権利を侵害する行為、あるいはそのおそれのある行為
(1) 第三者になりすまして本サービスを利用する行為
(2) 弊サイトの運営者、またはサポートスタッフになりすます行為
(3) 弊サイトまたは第三者の著作権、商標権、肖像権その他の知的財産権を侵害する行為
(4)弊サイトまたは、他の利用者や第三者に不利益または損害を与える行為、あるいはそのおそれのある行為
(5)他の利用者や第三者の個人情報を収集もしくは蓄積・保存する行為、あるいはそのおそれのある行為
(6) 第三者の財産、またはプライバシー侵害する行為
(7) 第三者の個人情報および法人や公共機関の秘匿された情報を開示する行為
(8) 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段により第三者の個人情報を収集する行為
(9) 第三者の決済情報を本人の同意なく取得し、または利用する行為
(10) 第三者を脅迫、差別もしくは誹謗中傷し、または第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為
(11) 弊サイトの財産を侵害する行為、弊サイトの信用や名誉を毀損する行為、弊サイトに不利益を与える行為
(12) わいせつな画像、文書等を送信もしくは表示する行為、これらを収録した媒体を販売する行為、またはそれらの広告を送信もしくは表示する行為
(13) ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為
(14) 無限連鎖講(ネズミ講)に該当し、またはこれを勧誘する行為
(15) 公職選挙法に違反する行為、あるいはそのおそれのある行為
(16) 犯罪に結びつく行為、あるいはそのおそれのある行為
(17) 公序良俗に違反する行為、あるいはそのおそれのある行為
(18) 営業活動、または営利を目的とした本サービスの利用行為
(19) 弊サイトが別途許諾する場合を除き、本サービスの利用に伴い発生した権利または権限の全部または一部を販売または購入し、もしくはこれらを募集する行為
(20) 本規約に違反する利用者であることを知り得たにもかかわらず、当該利用者から本サービスの利用に伴い発生した権利または権限の全部または一部を購入または受領する行為。
(21) 第三者に対し、無断で広告等を送信する行為、もしくは嫌悪感を抱く内容を送信する行為
(22) 第三者を妨害する行為
(23) 第三者のアカウントを利用しアプリケーションおよびコンテンツを使用する行為
(24) 宗教活動、または宗教団体への勧誘行為
(25) 第三者による本サービスの利用を妨害する行為
(26) 弊サイトの使用する本サービス用設備に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為
(27) 同一のIPアドレスや海外アドレスから、一般的な利用では想定できない多数のアクセスを行い、またはこれを試みる行為
(28) 本サービスの運営を妨害する行為、もしくは本サービスの運営に関連して弊サイトが不適当であると合理的に判断する行為
(29) 弊サイトの承認なくして、本コンテンツを再頒布、貸与、または販売または複製する行為
(30) 弊サイトおよび本アプリケーションの逆コンパイル・アセンブル、リバースエンジニアリング等、弊サイトのソースコードを解析する行為
(31) 弊サイトおよび本アプリケーションの改変、修正行為
(32) 本サービスもしくは弊サイトの不具合、障害、または脆弱性を不正な目的およびその可能性で利用する行為
(33) 本サービスに関するサーバエミュレーター、ユーティリティー、その他外部ツールの利用、開発行為
(34) 弊サイトが有害と判断する行為
(35) 本サービスの利用に際して本サービスに係るアプリケーションの全部または一部を自動操作する行為
(36) 本サービスに予め規定された利用者の操作を逸脱して本サービスを利用する行為
(37) 本サービスのサイトまたは本サービス内での掲示、告知等に違反する行為
(38) 上記各号のいずれかに該当する行為を表示している文章やデータ等の表示場所(第三者が表示している場合を含みます)を教える行為
(39) 上記各号のいずれかに該当する行為を行為者と共謀または共同して行い、または当該行為を促し、助長し、もしくは誘引する行為
(40) 上記各号の他、法令または本規約に違反する行為
(41)上記各号を第三者に行わせ、あるいは加担する行為、またはそのおそれのある行為
(42)その他、弊サイトが不適切と判断する行為

第10条(利用制限)
1. 利用者が本規約に違反したと弊サイトが判断した場合は、弊サイトは、次の措置をとることができるものとします。なお、これらの場合、弊サイトは、その理由を説明または開示しない場合があります。
(1) 注意または警告
(2) 利用者が送信または表示するデータの削除
(3) 本サービスの全部または一部の一時または永久の停止
(4) 閲覧権限の規制
2. 前各項により発生した利用者の不利益および損害について、弊サイトは何等の責任も負わないものとします。

第11条(自己責任)
1. 利用者は、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスで得た情報についても自己の責任において利用するものとし、これらの利用について一切の責任を負うものとします。
2. 利用者は、自己の行為または第三者を誘発し弊サイトまたは第三者に損害を生じさせた場合には、その損害を賠償するものとします。

第12条(緊急措置)
1. 弊サイトは、本サービスの正常な提供のために緊急の措置が必要と弊サイトが判断した場合においては、全ての利用者または特定の利用者に対して、本サービスの全部または一部の提供を弊サイトが定める期間まで中断することができるものとします。
2. 弊サイトは、利用者が本規約に定める利用者の義務を履行しない結果、本サービスの正常な提供に不利益となると弊サイトが判断した場合においては、特定の利用者に対する本サービスの全部もしくは一部の提供を中断し、または第10条第1項各号に定める措置をとることができるものとします。
3. 第1項および第2項により発生した利用者の不利益および損害について、弊サイトに故意または重過失が認められる場合を除き、弊サイトは何等の責任も負わないものとします。


第13条(接続制限)
弊サイトは、本サービスおよびアプリケーションの接続を、日本国内からのもの、または日本語のオペレーティングシステムによるものに限ることができるものとします。

■第6章 一般条項

第14条(知的財産権)
1. 本サービスのサイトおよびアプリケーションに関する一切の知的財産権は、弊サイトに帰属するものとします。
2. 弊サイトは、本規約のほか、別途定めるソフトウェア使用許諾契約の条件に従って、利用者に対し、本ソフトウェアの使用を許諾するものとします。
3. 本規約とアプリケーションおよびAPIシステム提供元の使用規約が矛盾する場合は、アプリケーションおよびAPIシステム提供元の規約を優先するものとします。
第2条(著作権)
弊サイトの著作権は、弊サイトまたは本ソフトウェアの開発元に帰属するものとします。

第15条(個人情報)
利用者の個人情報の取扱いについては、本規約に定めるもののほか、弊サイトのプライバシーポリシーが適用されるものとします。

第16条(情報の記録および開示)
1. 弊サイトは、本サービスを利用した利用者のIPアドレス、利用日時等のアクセスログを記録することができるものとします。
2. 弊サイトは、本サービスの一部のサービスにおいて、利用者が提供する本サービスに現在アクセスしている場所に関する情報(以下「位置情報」といいます)を本サービスの一部サービスにおいて利用することができるものとします。
4. 弊サイトは、次の各号に該当する場合、登録情報、投稿コンテンツ、アクセスログ、その他弊サイトが保有する情報を第三者に開示することができるものとします。
(1) 捜査、裁判、その他法令上の手続に基づき開示を要請された場合
(2) 弁護士会等の機関から正当な理由に基づき照会を受けた場合
(3) 弊サイトが本サービスを提供するために必要な範囲に限定して本サービス内のゲームの開発会社または運営会社に開示を行う場合
(4) 第三者の生命、身体、財産およびその他の権利の保護のために、または弊サイトの本サービスの運営もしくは財産およびその他の権利の保護のために、必要があると弊サイトが判断した場合
(4)その他、弊サイトが必要と判断した場合

第17条(情報の送信)
1.  利用者が弊サイトへ送信した「情報提供」「不具合報告」「ご意見」「お問い合せ」の内容は、弊サイトの向上のために利用するものとします。
(1)「紹介コメント」「アイディア」及び他項目から送信された発案や文章の著作権は送信と同時に弊サイトに移行するものとします。
(2)コンタクトフォームから送信された「企業・団体名」「お名前」「メールアドレス」は、弊サイト運営に関わる者以外に漏れないように弊サイト運営は厳重に管理するものとします。
(3)コンタクトフォームから送信された「情報提供」「不具合報告」「ご意見」は、弊サイトの改善に必ず尊重されるとは限りません。それについて利用者は意義を述べないものとします。

第18条(損害賠償の制限)
1. いかなる場合においても、弊サイトの損害賠償責任は、請求の原因の如何を問わず、利用者に現実に生じた通常かつ直接の損害に限るものとし、間接損害、特別損害、付随的損害、派生的損害、および偶発的損害(利用機会の喪失、およびデータの喪失を含みますが、これに限られません)については、たとえ弊サイトがかかる損害が発生する可能性を事前に通知されていたとしても、弊サイトは何等の責任も負わないものとします。
2. いかなる場合においても、弊サイトの損害賠償責任は、当該損害賠償責任の原因となる事実が発生した日から遡って3ヶ月間に利用者が弊サイトに支払った利用料金の総額を上限とします。
3. 第1項および第2項の規定は、弊サイトに故意または重大な過失がある場合は適用されないものとします。
4. 弊サイトの信用・名誉を毀損する行為を利用者が行った場合は、利用者はその全責任を負うものとします。信用遺棄の賠償として弊サイトが被った損害に対して、利用者は弊サイトに損害賠償を支払うと共に、意義を述べないものとします。

第19条(準拠法および管轄)
1.  本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。
1. 本規約の準拠法は日本法とし、本サービスまたは本規約に関連する弊サイトと利用者との間で生じた一切の紛争は、訴額に応じ弊サイトが指定する地方裁判所または簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2. 利用者が本サービスまたは本規約に関連して訴訟を提起する場合は、原因が生じてから1年以内に手続が開始されなければならないものとし、当該期間の経過後は、その原因を理由とする訴訟は提起できないものとします。


平成24年年5月25日改訂
平成24年年6月4日改訂
平成24年10月8日改定

ホームに設定してみよう


右の「ホーム設定」ボタンをクリックし、選択項目の上段にある
「このWebページだけを設定する」にチェックし「はい」を押し完了
※IE以外のブラウザは手動で設定して下さい。→設定方法